大腸CT検査

大腸CT検査のすすめ

大腸検査の大切さをわかりやすく動画でご案内しています。ぜひご覧ください。

大腸がんで
命を落とす人を
一人でも減らしたい。

なぜなら大腸がんは早期に発見さえできれば死ななくてよいがんだからです。大腸がんは比較的予後がよいがんとして知られていますが、特に早期発見できれば生存率はほぼ100%なのです。だからこそ、定期的に大腸の検査を受けましょう。

大腸がんは女性のがん死亡原因「1位」、男性で「3位」

大腸がんは
がん死亡原因の
女性1位、男性3位

大腸がんは女性のがんによる死亡数の第1位です。男性でも第3位と多くの方が大腸がんで命を落としています。

大腸がんは早期発見・早期治療が重要です

早期発見さえすれば
ほぼ100%近く助かります

大腸がんは早期に発見してすぐに治療を開始すれば、高い確率での治癒が期待できます。治療後の5年生存率もほぼ100%に近い状態です。

ただ、早期のうちは自分で気づける症状がほとんどないため発見が遅れてしまうことが少なくありません。そのため、特に大腸がんの発症が増える40代以降の方は、定期的に早期に発見できる大腸がん検査をうけることがとても大切です。

大腸がんの早期発見に有効な大腸CT検査

大腸CT検査とは

大腸CT検査は大腸の病気を調べる最新の検査方法です。CTを用いて大腸を撮影し、3次元画像化してポリープなどの病変を調べます。小さな病変もしっかりと確認することができるので、早期に大腸ポリープや大腸がんを発見することができます。

また、大腸CT検査は従来の大腸カメラ(大腸内視鏡検査)と比較しても患者さんの苦痛が少なく、検査時間も短くて済むのが特徴です。

当クリニックでは大腸画像解析にZiostation2を採用しています。

大腸CT検査のメリット、デメリット

大腸CT検査は患者さんに優しい、苦痛の少ない検査です

従来より大腸がんの早期発見が可能な検査として「大腸カメラ(大腸内視鏡検査)」という検査がありましたが、大腸カメラは体への負担を心配されるかたも多く、検査時間も長くかかってしまうという難点がありました。そこにあらたに登場したのが「大腸CT検査」です。それぞれ次の特徴があります。

検査名 大腸CT検査 大腸カメラ(大腸内視鏡検査)
費用 29,800円(税込)※保険適用外 12,500円(3割負担額)※保険適用
長所
  • ・下剤が少量のため苦痛が少ない(約1リットル)
  • ・痛みがほぼない
  • ・腸のヒダの裏側まで病変を確認できる
  • ・検査時間が短くて済む(在院時間約30分)
  • ・検査後、自分で車を運転して帰宅できる
  • ・検査と同時にポリープ切除ができる
  • ・保険適用している
  • ・医療X線被爆がない
短所
  • ・検査と同時にはポリープ切除ができない
  • ・保険適用例が少ない
  • ・最低限の医療X線被ばくがある
  • ・下剤の量が多く苦しい(約4リットル)
  • ・痛みをともなうことがある
  • ・腸のヒダの裏側は病変が見つけづらい
  • ・検査時間が長い(在院時間約4時間)
  • ・検査後、自分で車を運転して帰れない

大腸CT検査の流れ

ご予約

まずは診察にお越しいただき予約を行ってください。

検査前日

専用の検査食を食べていただき、就寝前に下剤を飲んでいただきます。

検査当日

  • ①ご来院後、検査服に着替えます。
  • ②検査ベッドで横向きに寝ていただき細いチューブを肛門から5cmほど挿入し、炭酸ガスを注入して大腸を膨らませます。
  • ③うつ伏せと仰向けで2回のCT撮影を行います。撮影にかかる時間は5分程度です。
  • ④撮影終了です。お疲れ様でした。少し休んでいただき着替え後会計を行ってください。

結果報告

撮影したCT画像を解析処理し、3Dの大腸内視鏡像を作成して診断を行います。検査結果は約2週間後にご説明いたします。

大腸CT検査を受けよう

こんな方に大腸CT検査を
おすすめします。

大腸がんは早期に発見治療すればほとんど治ります。早期発見のためにも定期的な検査をぜひご検討ください。